脳の切り替え!

英語の教材では、とにかく聞いてまるごと覚える、というものが
多いですね。

それが悪い、とは言いませんが、それだけでは足りない、とも
思いますね。

ちょっとした挨拶程度の会話なら、それでいいでしょうが。

「学ぶ」ことの中身は、会話ばかりでなく、
書くこと、読むこともあります。

翻訳ではなく、原文を読んでみること。
そういう楽しみもあります。

童話「クマのプーさん」でもいいし、「星の王子さま」もいいですね。

訳書を片手に、原文を読んでみると、別の面白さがあります。

ある意味、日本語の勉強にもなります。

英文から邦文へ、その逆もありで、脳内の活性化が進みますね。

楽しく脳を使う、それが一番だと思います。

そういう「脳に楽しい時間」を定期的に持つことで、脳に刺激を与え、
毎日を新鮮な気持で過ごす。

今までの自分から、一歩でも半歩でも進むこと、それを
目指して過ごせたら、幸せですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。