英語を学ぶ環境

英語を学ぶ、というよりも、『身に付ける』ためには、

やはりその環境に身を置くことが良いのかもしれません。

実際、1年間たとえばアメリカで過ごすと、それは全然ちがいますね。

仕事で海外に滞在する人も多いですから、そういう人には英語は必須

ですが、なかなかそういう機会がない人は、短期留学などを考えて

みるのもいいかもしれませんね。

耳で聞いて、英語で考える、そして英語で答える。

まあ、最初は一種の「反応」で十分です。

生活のなかで、『演説』する必要はありませんから。

まずは、日常会話に不自由のないようにする、というところからです。

もしも、なにかの機会に恵まれることがあれば、環境を変えること

を考えてみましょう。

世界にはいろいろな場所があり、生活があります。

つねに視野を広くもつことも、老化の防止法のひとつです。

自分を自ら狭いところに追い込まないで、悠々と過ごしたい

ものですね。 
タグ:短期留学
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。