脳の切り替え!

英語の教材では、とにかく聞いてまるごと覚える、というものが
多いですね。

それが悪い、とは言いませんが、それだけでは足りない、とも
思いますね。

ちょっとした挨拶程度の会話なら、それでいいでしょうが。

「学ぶ」ことの中身は、会話ばかりでなく、
書くこと、読むこともあります。

翻訳ではなく、原文を読んでみること。
そういう楽しみもあります。

童話「クマのプーさん」でもいいし、「星の王子さま」もいいですね。

訳書を片手に、原文を読んでみると、別の面白さがあります。

ある意味、日本語の勉強にもなります。

英文から邦文へ、その逆もありで、脳内の活性化が進みますね。

楽しく脳を使う、それが一番だと思います。

そういう「脳に楽しい時間」を定期的に持つことで、脳に刺激を与え、
毎日を新鮮な気持で過ごす。

今までの自分から、一歩でも半歩でも進むこと、それを
目指して過ごせたら、幸せですね。

EE(エブリディイングリッシュ)



↑今一番売れている英語教材ですね。

もうかなりの期間売れ続けているロングヒット教材。

電車の中や移動中に気軽に聞けるのがいいです。

なかなかこういうものはオススメしないのですが、

これは周りにも「イイ!」と言う人が多いです。

細かいことに拘らず、フレーズごとまるまる覚える。

いつでもどこでも、電車やバスの中、朝の散歩中、喫茶店

でのティータイム。

気軽に聞けるのが一番いいです。

結局いいものはちゃんとロングヒットになっている、

ということでしょう。

詳しくはこちらから確認してみてください。



【楽天ランク69週連続1位教材】今ならiPod全員プレゼント★日本一「バカ売れ」英語教材!流して...

タグ:EE
| 日記

英国王室の結婚式!

世界中で20億人が見た、といわれる英国王室の結婚式。

ウエストミンスター寺院の威容と、その中に置かれた

緑の木々とが、古い伝統と新しい息吹の両方を伝えている

ようで、過去と未来を同時にみているような気分に

なりました。

日本の新聞でもトップ記事になっていましたが、

こういう目出度い記事は、やはり読みやすいものです。

読んでいて気分のいい記事は、興味深く楽しく頭に入って

きます。

こんなときこそ、「TIME」などがお勧めです。

ちょっと大きな書店に行けば手にはいりますから、

楽しく英文の記事を読んでみましょう。

また、カンタベリー大主教の言葉もわかりやすかったの

ではないでしょうか?

録音した方は何度も聴いてみるといいですね。

クイーンズイングリッシュ、とよく言われますが、英国の

格式ある英語というのはいいものですね。
| 日記

今の日本でできること。

原発の問題がますます深刻かつ長期化の様相を呈して

います。被災地以外の場所に住むものとしては、今までと

同じように過ごすしかありませんし、むしろ「普通に」

過ごすことこそが大切でしょう。

あなたが、今日を、普通に過ごすことが、そして、そうできる

人がひとりでも多くそうすることが、結局は明日に繋がるのだ

と信じていくしかないのです。

原発事故を報道する記事を原文で読んでみませんか?

タイムスでもなんでもいいです。

英字新聞を読んでみましょう。日本国内の見方とは違う

海外の見方がわかりますし、そこから読み取れる「日本」の

評価もわかるでしょう。

今、外国からどう見られているのかを知ることも大切です。

| 日記

マクドナルドにて・・・。

時々見かけるのが、マクドナルドでの「個人教授」

講師というのか先生は若い外人さんが多いような。

生徒さんは女性が多い気がしますが、どうなんでしょう。

若い女性ばかりでなく、ある程度大人の女性も見かけます。

みんな熱心に勉強していますね。

傍で見ていても気持ちのいいものです。

学習の場はいたるところにあります。

「教室」ばかりでなく、こうしたオープンスペース(?)

もありますし、電車の中、図書館、公民館、探してみると

利用できる場所はいろいろありますね。

教わるばかりでなく、英語の原書と辞書を持って、

コーヒーなど飲みながら読んでみる、という時間を持ってみると

人生が少し豊かになりませんか?

一日にそんな時間を少し作って見る、それが大切ですね。

大脳への刺激にもなりますから。

カッコイイシルバー世代になってみませんか?

シャキッとした格好で原書を読む、というのが似合うのは、

若者ではなく、シルバー世代ですよ。

| 日記

英字新聞!

英字新聞読んでみませんか?

意外に読めます。というか、日本のニュースが載っているので、

だいたいの意味はわかります。

また、どんな言い方をしているか、興味が湧くと思います。

全部読むのは時間がかかりますから、好きな場所だけ読んでも

いいし、朝晩に分けて、時間を決めて読むのもいいでしょう。

習慣づけて毎日読んでみると、だんだん楽しくなります。

脳に刺激を与える、という意味で、英語を読むのはいいですよ。

それに、ちょっとカッコイイです。

英字新聞を読む自分。

想像してみてください。

なかなかのものでしょ?

英字新聞をさりげなく読む。

ちょっとしたカフェで。いいじゃあないですか!

脳への刺激ももちろんですが、なんだか楽しくなりませんか?

ぜひ、挑戦してみてください!
タグ:英字新聞
| 日記

「生涯」って長いです!

新聞紙面をにぎわす「龍馬と同世代」とか、

「西郷さんと同級生」?

いくら長生きになったとはいえ、悲しい話です。

ひとり暮らしで、結局無縁仏になる人も多いと聞きます。

安心して長生きもできない国なんですね。

自分の戸籍まで自分で守らなきゃならないなんて。

もうボケている場合ではありません。

シャキッと生きていかなくては。

英語を学ぶ、使ってみる。それだけで脳は活性化します。

英語を聞く。理解しようと努める。脳に血液が循環します。

水分補給しながら、塩分も忘れずに。

手も使いましょう。指先を動かす、足を使う。

歩くことも大事ですから。

学ぶ気持ちを持っていたら、毎日は発見と学習です。

生き生きと元気に、「生涯学習」ですよ。
タグ:生涯学習
| 日記

脳の活性化は何にでも役立ちますぞ!

ヒアリングは脳を活性化する。

これはとても大事なことです。

スポーツ選手が脳を鍛えることで、反応がよくなるとか。

結局、脳が身体を掌っているわけですから、ボーっとした脳では

反応も悪いわけです。

そう考えると、逆に、しっかり脳を鍛えることで、心身ともに

元気でいられるですから、英語の学習にも力が入るというものです。

筋肉も使わなければ退化してしまいます。

脳細胞もどんどん失われてゆくのですから、精一杯使い倒して、

たくさんの刺激を与えましょう。

よく言われることですが、

『継続はチカラなり』です。

脳細胞を活性化して、生き生きと過ごしましょう!
タグ:活性化
| 日記

耳を鍛える?

ヒアリングというのは、得意な人と不得意な人に分かれます。

これは、どうも、どうしようもないことのようです。

日本人の半分は、聞き取りができない、というよりも、そのように

聞えないらしいです。

努力しても、違うように聞える。

そういうこともあります。

一番いいのは、環境に浸りきってしまうことでしょうね。

英語圏のどこかに住んでしまえば、あとは「慣れ」ですから。

身につけてしまえばいいわけで。

ただ、それだけでは、実も蓋もありません。

秋の夜には、美しい英文を楽しむのもいいですよ。

「クマのプーさん」オススメです。

気軽に読めて、楽しめます。
| 日記

英語を学ぶ環境

英語を学ぶ、というよりも、『身に付ける』ためには、

やはりその環境に身を置くことが良いのかもしれません。

実際、1年間たとえばアメリカで過ごすと、それは全然ちがいますね。

仕事で海外に滞在する人も多いですから、そういう人には英語は必須

ですが、なかなかそういう機会がない人は、短期留学などを考えて

みるのもいいかもしれませんね。

耳で聞いて、英語で考える、そして英語で答える。

まあ、最初は一種の「反応」で十分です。

生活のなかで、『演説』する必要はありませんから。

まずは、日常会話に不自由のないようにする、というところからです。

もしも、なにかの機会に恵まれることがあれば、環境を変えること

を考えてみましょう。

世界にはいろいろな場所があり、生活があります。

つねに視野を広くもつことも、老化の防止法のひとつです。

自分を自ら狭いところに追い込まないで、悠々と過ごしたい

ものですね。 
タグ:短期留学
| 日記

集中2週間の効果!(体験)

英語が聞き取れない、と嘆いていた男性が、

一念発起して、一日5時間英語を聞く、と決めて実行!

2週間実行したところ、なんと!

聞き取れるようになった!

今までどうしても「単語」ととして聞き分けることができなかった

のに、ちゃんと聞けるようになったそうです。

こうなると、聞くのが楽しくて楽しくて、もっともっと

聞きたくなると言っています。

なんでもそうですね。

最初は時間がかかりますし、効果のほどもわからない。

でも、ある程度まで頑張れば、グーンと加速度がついてくる。

最初の頑張りどころを、挫けないことが、大切です。

まさに『継続は力』です。
| 日記

英語を話す!

英語の学習は、書く、聴く、だけではありません。

最近は、小学生から英会話の時間があったり、

会話スクールも多いですが、それでも、「会話」が

苦手と言う方がまだまだ多いです。

そんな方に朗報です!↓

思ったことを瞬間的に英語で言えるようになるプログラム(特許申請中)


このサイトでも、「会話」についてはあまり推奨できるもの

がなく、紹介もしてきませんでしたが、こちらなら、お試し

いただいてもよいかと思います。

お気に召さなければ、返金保障もついていますので、安心です。

→のサイドバーでも、バナーを貼っていますので、ご確認ください。

春は『スタート』の季節。

新しいチャレンジにむけて、スタートしてみるのもいいですね。

| 日記

チャレンジ精神!

学習には、段階があります。

どんな分野でも、同じですね。

ひとつひとつ、段階をクリアしていく喜び。

それが、学習意欲にもつながりますね。

短期の目標と、長期的な目標とを設定して、学習を

続けましょう。

無理なく自分のペースでできるのもいいですね。

目標を持ち、達成する喜びを知ることは、

脳の活性化の第一歩です。

あなたの脳の力を、しっかり伸ばしてあげましょう。

この、一番↓に、「無料のお試し視聴」ができる

サイトを案内しています。

まず、無料で試してみてください。

語学は、聞いて、話して、書く。

この繰り返しです。

繰り返しながら進んでいきましょう。
タグ:語学
| 日記

テキストとやる気の関係

「教科書」というのは、とてもよくできたテキストです。

特に中学の教科書。英語を学ぶ基礎をもう一度やり直したい、

というとき、教科書を手にとってみるのが一番です。

無理なく一歩一歩進めていけますから、教科書を取り扱って

いる書店で注文できるかどうか、確かめてみるといいですね。

ひとりで学習するなら、教科書ガイドを合わせて買って、

設問の答えを確認しながら、進めていけます。

中学3年分の教科書をセットにして、英語の基礎を身に付ける

ためのテキストとして常に見返しながら使ってみましょう。

内容も興味深く読めるようになっていますから、

ぜひ、一度使ってみてください。
| 日記

英語を聞いて、かつ読んでみよう!

英語を聞く、というのは継続して慣れていくしかありません。

ただ、聞くばかりでなく、読んでみましょう。

英字新聞がおすすめです。

新聞でつかわれる専門用語は、ある程度限られていますから、

慣れたら楽に読んでいくことができます。

「学習」という側面ばかり堅苦しく考えずに、時には楽しむ

時間もつくるといいですね。

書店の英語の書籍のコーナーで、いわゆる「原書」というのを

見てください。

一度よんだことのある作品でもOKです。

ミステリーとか(クリスティーとかね)「クマのプーさん」が

けっこういいです。

リズムのいい英語で、楽に楽しく読めます。辞書など引かずに

どんどん読んでいきましょう。読書の楽しさを普通に味わいましょう。

学習にもメリハリが必要です。

英語を聞き、英語を読んで、耳と目で楽しく吸収しましょう。

速読の楽しさ以外にも、「原書」コーナーで興味ある本をみつけたら、

辞書を引きながら、じっくり読んでいくのもいいものです。

好きだからこそ継続できるのですから。「好きなこと」に使う時間は

苦になりません。楽しく学ぶ、これが一番です。

タグ:英語学習
| 日記

英語を聞く力

夜が長くなってきました。

じっくりゆっくり学習できる環境が整っていますか?

できれば、自分の書斎がほしいですが、

なかなか難しい人もいるでしょう。

せめて、落ち着ける場所で、しっかり聞く、という習慣を

つけましょう。

いわゆる「ヒアリング」は、慣れ、の問題です。

まあ、それが全部ではありませんが、ある程度は「慣れ」です。

何度も繰り返し聞くこと、毎日続けること、

これが大事です。まさに「継続は力」ですから。

秋の夜長を、耳を鍛えながら過ごすのも、

よいものです。聞いたあとは、軽いよみものにチャレンジ

するのもいいですね。英語は楽しく学びましょう。
タグ:英語学習
| 日記

学習の場

図書館が一杯です。

受験生、成人男子、が特に目立ちます。

受験生は当然ですが、成人というか、老年というのか、

リタイアされた風の男性が多いです。

だいたい新聞を読み、雑誌を読まれています。

DVDを見る人、CDを聴く人もいます。

CDの中に英語教材もありそうですから、「聴く」

という意味では、図書館に行ってみるのもいいですね。

なかなか家では聴くことに集中できないことも

ありますから。環境を時には変えてみるのも、

気分が変わっていいものです。
タグ:英語学習
| 日記

「英語耳」

「英語耳」

最近よく聞く言葉です。

ヒアリングができれば発音が苦にならない。

そのためには、「英語耳」を持ちましょう。

これって、天性のものですか?

どうしても、聞き取れない人もいるのです。

日本語は母音の言語です、

子音が特徴の英語とは、根本的に違うのです。

そこを意識して、無理なく英語の勉強をして

いきましょう!
| 日記

英語は役立つ言語です。

英語の学習法というのは、聞くことが一番のようです。

耳で聞いて、フレーズが自然に出てくるまで学ぶのが

いいともいいますね。

聞き取る力、理解する力、を養うことがそのまま英語

の力の向上につながります。

また、そうすることで、ボケ防止にもなりますから、

まさに「生涯学習」として続けていきたいものです。
| 日記

語学学習は脳を活性化します。

耳で聴く。

文章を読む。

会話をする。

普段使わない脳の部分を大いに使いましょう。

使えば使うほど、脳は活性化します。

今、英語を学ぶ人は若い人ばかりでなく、シルバー世代

に増えています。

戦争で英語の勉強ができなかった世代には、もっと

学習したい、という意欲があります。

その意欲を満たせるときがきた、といえるのかも

しれません。楽しく学びましょう。
タグ:学習 語学 英語
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。